不労所得をつくってみようーサラリーマンの挑戦記ー

不労所得を作るため、普通のサラリーマンが挑戦していくブログです。株式、ソーシャルレンディング、ふるさと納税など。あと、英語、法律も少々

【クラウドファンディング】イマジンワンワールドKIMONOプロジェクトに出資!2020のオリンピックに向けて

 2020の東京オリンピックに向けていろいろ問題山積みだったりするんですが、

そのなかでも夢のあるプロジェクトがあったので、少し投資しました。

camp-fire.jp

 

 

 

1 プロジェクトの内容

 私たちは、日本伝統文化の華であり象徴とも言える「KIMONO」を 中心に、日本の伝統文化の継承と普及のために活動しています。その中で大きな目標として掲げているのが、2020年までに世界196ヶ国それぞれの歴史や文化の素晴らしさを表現した「KIMONO」を制作し、世界を「おもてなし」することです。

 

2014年より活動を開始して以来、法人個人問わず、たくさんの方からのご寄付をいただき、現在55ヵ国の「KIMONO」が出来上がっています。

 

日本が世界から注目される2020年までに何としても世界196ヶ国分の「KIMONO」を完成させ、日本の素晴らしい伝統技術で、「和」を重んじる精神性を表現したい。そして、各国の着物を着た人々が手と手を取り合い、輪になって『世界はひとつ』 という平和・友好のメッセージを世界に発信していきたいと思っています。

 (太字、色付け・筆者)

 

要約すると、

  • 着物は日本の誇るべきもので将来にのこすべきもの
  • 2020は、日本が世界に注目するのでこれを機に世界各国をあらわす着物をつくりたい
  • 現在55か国の着物ができている。残り141か国の着物をつくるための資金をあつめたい

 

2 集める資金の総額

金1億2000万円

過去最高額だそうです。

 

3 着物業界に対して思うところ

たしかに着物そのものは、日本で文化そのもので

将来にのこしていくほうがよいと思うんですよ。

 

しかし、1着何十万円、何百万円もするようなものを、およそ一般人(特に若い人)は

手が出せないのは当然で。

 

興味がわかない

それを仕事にしようと思わない

というのもやむをえないかと。

 

それをいまさら後継者がいないと喘いだところで、

お客様に着物の良さをアピールする努力を

業界として努力をしてきたのかは、

正直?となることもあります。

 

たとえば、

今回の出資のリターンとなっている

iphoneケースや、

タンブラー

はかなりトレンドや需要に寄り添ったものだと思います。

また、着物生地でいえば、

キーケースは大変魅力的ではないでしょうか。

 

今回、2020をきっかけに、

着物を全世界にアピールし、

技術の保存を目的とするこのプロジェクトは、

good ideaですね!

 

4 最後に

世界にとっても貴重な財産である日本の伝統技術。

手仕事で着物を作るには短くて半年、長くて一年半の歳月がかかります。

糸の一本一本に、相手国への想いを込めて織り上げてゆく、染め上げてゆく。そして、その日本の歴史が紡いだ珠玉の手仕事を日本中の皆さんのお気持ちで支え、作り上げてゆく。確かに手間も時間もかかります。その全てを見て頂けるわけではないかも知れません。しかし、その日本の皆さんの「心」こそが、最高の「おもてなし」になるのではないかと思っています。

2020年、日本の最高の「おもてなし」で世界の方々をお迎えし、最高傑作のKIMONOを世界の方々に、そして日本の皆さんに見て頂きたい。

そして着物を通して世界中が手を繋ぎ、「世界はひとつ」というメッセージを発信する、そんな未来をみなさんと共に実現したいと思っています。

ご協力を、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

以上、【クラウドファンディング】イマジンワンワールドKIMONOプロジェクトに出資!2020のオリンピックに向けてでした。