不労所得をつくってみようーサラリーマンの挑戦記ー

不労所得を作るため、普通のサラリーマンが挑戦していくブログです。株式、ソーシャルレンディング、ふるさと納税など。あと、英語、法律も少々

【感想】中間管理職トネガワの圧倒的レビュー【読書】

中間管理職トネガワ。

このマンガがすごい!2017の男編、第1位の受賞作。

今更ながら購入して読んでみた。

カイジとの間の緊迫感あふれるEカード戦。

圧倒的強敵として立ちはだかった利根川先生のスピンオフ作品。

中間管理職トネガワでも、緊張感あふれる、あの利根川

ではなく

悲哀あふれるサラリーマンとしての利根川先生が見られる。

 

 

1 利根川幸雄という人物の圧倒的説明

利根川は、「逆境無頼カイジ」に出てくる一キャラクター。

大企業帝愛の兵頭に次ぐナンバー2の実力者であり、最高幹部。

帝愛の債務者を集め、借金返済のためのゲームを開催して、債務者に借金返済のチャンスを与える企画の責任者。

その実は、それは債務者救済の企画でも何でもなく、兵頭が人の醜い姿を見たいために企画された、帝愛関係者以外が誰も幸せにならないもの。

 

カイジとはEカードを通じて戦い、カイジの耳をそぎ落とさせる等で追い詰めた。

が、

最終的にはカイジに逆転を許してしまい、自力で焼き土下座を完遂。

奴隷は二度刺す・・・

 

そのほかにも、

「金はな 命より重いんだっ! 世間の大人どもが本当のことを言わないならオレがいってやるっ 金は命より重い そこの認識をごまかす輩は生涯地を這う!」

 

「よく戦ったからじゃない…彼らは勝った、ゆえに今、そのすべて…人格まで肯定されている…!」

 

「居丈高になるのは決定してから…過程においては徹頭徹尾、頭を垂れ、服従を装った方が利口…こんなことは…世渡りの基本も基本…大原則だっ…」

 

などの言葉を残した人。その厳しい、身につまされる言葉の数々で、カイジの敵役ながら、ファンが多い。

 

f:id:pzi0322:20170417141344p:plain

2 とどのつまり中間管理職トネガワは?

帝愛グループ会長・兵藤和尊(ひょうどう・かずたか)の命で、債務者たちによる「死のゲーム」の企画を任された幹部・利根川幸雄(とねがわ・ゆきお)!! 早速、企画会議を開く利根川を待っていたのは、受難…!! 煩悶…!! そして絶望…!! 会長と黒服の間で苦悩する利根川を描く、悪魔的スピンオフ、始動……!!

 

限定ジャンケンの企画・運営の舞台裏。

といってもギャグマンガ笑 

本作は、「カイジ」シリーズの読者はもちろん、

カイジ」を知らない人も楽しめることを保証する。

このマンガに出会えたことは、僥倖・・・

 

 

兵藤の傍若無人に耐えつつ、部下をまとめ上げ、兵藤の要望に答え続ける管理職。

 

カイジに出てくる完全無欠の利根川ではなく、会社で人間関係に悩む一サラリーマンとしての利根川。

 

実に、人間味あふれる、サラリーマンあるあるな利根川。

 

いわば、等身大の利根川

 

勤め人なら利根川に共感すること間違いなしだ。

 

あと利根川は仕事には厳しいが、アフター5は優しいですよね・・・

 

本当にいい上司だと思う。

 

3 悪魔的ドラマッチックしだて

たとえば、手洗いのシーン。

手洗いとは
‥‥‥‥‥

ただ泡を立て
水で流せば
いいという

単純なもの
ではないっ‥!

指と指の間に

爪の中‥‥!

果ては‥‥

手だけに
とどまらず
‥‥‥‥‥

行けっ‥!
ギリギリ
‥‥‥!

肘まで‥‥!

あまり
なめるなっ
‥‥‥‥!

手洗いを
‥‥‥!

 

 

んー。いるかね?こんなくどい説明?笑

 

さすが最高幹部まで登りつめた人。手洗い一つをとってもこだわりが感じられる。

 

最後に、バーベキュー開始前に

最高級神戸牛食べ報道の・・

圧倒的バーベキュー

 

ちなみにこれは部下の信頼を失った際にやった、

BBQでのもの。

領主書など切るな、発泡酒なども認めない。ビールを買ってこい

4 他の福本作品のパロディ 犯罪的だ・・・

カイジのセリフ・シーンだけでなく、他の福本作品のセリフ・シーンもパロディ化されている。

世間はお前らの母親じゃねぇってあんな場面で使うセリフじゃねぇ

 

5 最後に 大人は質問に答えたりしない それが基本だ

f:id:pzi0322:20170417141417p:plain

 

不労所得を作ってみよう】