読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得をつくってみようーサラリーマンの挑戦記ー

不労所得を作るため、普通のサラリーマンが挑戦していくブログです。株式、ソーシャルレンディング、ふるさと納税など。あと、英語、法律も少々

【ソーシャルレンディング】maneoに20万円を投資(4・15)

maneoで償還されていた20万円を下記のファンドに投資。

www.maneo.jp

 

利回り:5%~7%

運用期間:13か月

 

利回りもそこそこで、運用期間も比較的長期でないことから、投資を決定。

 

このごろ、maneoの関連会社が続々と出てきていますね。

最近では、APPLE BANKなるものも登場。

www.applebank.jp

 

ページを見ていると、

・給与前払いシステム事業

・担保付不動産ビジネス事業

・不動産デベロップメント事業

と、ソーシャルレンディング以外の事業にも取り組んでいます。

ただ、この給与前払いシステム事業の説明では、

給料前払いシステムとは、従業員が多数いる企業に導入し、その従業員が働いた分の給料を前払いで受け取ることができるサービスです。
企業の悩みである人材募集、離職率の課題を前払い、日払い、週払いを導入することで解決します。このシステム導入により、募集効率の向上、コストも削減に繋がり、また、従業員への福利厚生として活用されております。
また、消費者金融等の借入でないことが多重債務者の抑制にも繋がり、日本の社会構造の解決手段として、社会貢献事業の側面もございます。 

 とあり、離職率解消のため、給与前払いシステムを提供するとあります。

ただ、離職率解消と給与前払いシステムとの間でどのような因果関係が成立するのかはよくわからないところ。

 

maneoのほかの関連会社の一つに、Green Infra Lendingがあります。

www.greeninfra.jp

運用期間・利回りを見ていると、Green Infra Lendingの商品が最も魅力のある商品を提供しているといえそうです。

逆に言えば、もっともリスクが高いともいえますが・・・

 

別のものでいうと、アメリカンファンディングも魅力ある商品を提供しています。

www.americanfunding.jp

 

この4・15と4・16で両会社に口座を作り、次のボーナスで運用を開始します。

 

以上、【ソーシャルレンディング】maneoに20万円を投資(4・15)でした。

 

不労所得をつくってみよう】