読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得をつくってみようーサラリーマンの挑戦記ー

不労所得を作るため、普通のサラリーマンが挑戦していくブログです。株式、ソーシャルレンディング、ふるさと納税など。あと、英語、法律も少々

【感想】30代メンズの服選びー白シャツ(無印良品)を購入【ファッション】

 

 先週はunited tokyoでコートを買った。

 

lounge.hatenadiary.com

 

今回は新宿の無印良品ユニクロへ。

やはりこの二つのブランドは定番なのだ。

品質もいい。

 

無印・ユニクロとも

前に比べてデザインとして使いやすいものが増えた。

値段はリーズナブルのままに。

ユニクロに限って言えば、誰が着るんだというTシャツを売っているが・・・

 

1 服の選び方

私なりに30代メンズとしての服の選び方は決まりつつある。

  • 無地。柄物はだめ。
  • 色はネイビー、白、黒、ベージュ。遊びでピンクもあり。
  • 一番上に羽織るもの(アウター、ジャケット等)にお金をかける。
  • ジャストサイズをいかに選ぶかが勝負。それは店員さんに相談すればオッケー。
  • シャツは消耗品。できる限りコスパがよいものを。
  • 下着・靴下はユニクロがベスト。
  • 普段使いするものはメンテナンスが不要なもの。

 

私自身も服の選び方の基準はいたってシンプル。

「多数派の支持を得られるか」

言い換えれば

「女子うけがいいか」

 

なので、

服選びにおいて

こだわりを全面的にだすことはあまりない。

あくまで他人から見て

「かっこいい」「センスある」

と思われるかが勝負だ。

 

逆に言うと

一部のファッションオタク受けするが、

「あいつ変な格好してるなあ」と多くの人に言われてしまうのは、

はっきり言ってごめんである。

 

イッセイミヤケとか

高級だし、デザインも前衛的過ぎてとても着こなせる自信がない。

 

2 白シャツの難しさ

春夏にかけて新しいシャツを求めていたところ、

無印で白のコットンシャツを購入。

 

前職では、

スーツにシャツ、ネクタイをつけて仕事をしなければならなかった。

(今は服装のルールは特にない。)

それでも白シャツを使用していなかった。

 

私は仕事中はジャケットを脱いで仕事をする。

そうするとシャツ・ネクタイだけとなる。

その際、どうしても白シャツだと野暮ったく見える(気がしていた)

仕事着ではストライプやブルーのシャツしかもっていなかった。

ジャケットなしでは、一定程度シャツに個性がないと変に見える。

 

白は他の色や特に黒というガイドライン・枠があってこそ。

その存在を明確化することが出来る色なのだ。

なので仕事着での白シャツはジャケットがマストである。

白シャツを1枚でサラッと、なんて言葉よく聞きますけど、

とてもじゃないけど、白シャツだけってのは本当に難しい。

 

また、

白は色に個性がないので、

生地の質感しかでしか雰囲気の差別化が図れないですね。

シャツを選ぶ目が問われます。

なんとなく白シャツを着てそれが似合ってるな~て人は

ただのイケメンだったりします。

その人の持ってるルックスが「白シャツという鏡」を通して

際立たされることになるんですよね。

 

さらに

白は膨張色なので

パッと見

ダボついた感が出てしまいます。

 

3 コットンシャツ

 

逆に言えばプライベートでは、

生地でカジュアルさを出せる。

 

そこで今回選んだのは、

コットン生地のもの。

カジュアル感があり

プライベートに使いやすい。

 

今回購入した無印良品のコットンシャツは、

値段もリーズナブルでハードに使っても問題ないでしょう。

 

f:id:pzi0322:20170401105755j:plain

www.muji.net

 

あとは膨張職の効果を抑えるため、

できるだけシャープなものをチョイス。

ごまかしがきかないので、

サイズ感を確認するため、

店員さんに感想を聞く。

こればっかりは、プロであり第三者の意見が必要。

 

私は肩幅があるため、

とにかく肩にジャストであるかが重要ですね。

肩にあってないと

窮屈で肩こりになり

結局着なくなる。

 

あとは下着にユニクロのエアリズムでも着ておけばよいでしょう。

 

4 最後に

白シャツがうけがいいだろってくらいの感覚で買ったので、

どこまで着こなせるか正直わからないです・・・

ブルーシャツのほうが着回しがしやすく、

それだけで映えるってことは仕事着を学んだんです。

でも、さらっと白シャツを着られるかっこいいじゃん!

 

不労所得をつくってみよう】