不労所得をつくってみようーサラリーマンの挑戦記ー

不労所得を作るため、普通のサラリーマンが挑戦していくブログです。株式、ソーシャルレンディング、ふるさと納税など。あと、英語、法律も少々

【株式投資】東芝ー1兆100億円の赤字ー

 東芝が1兆100億円の赤字。

1兆まで額が膨らむと100億円の付け足し感がすごい。

桃太郎電鉄でしかみたことないですね。

1兆円の赤字って。

 

headlines.yahoo.co.jp

「一番大きなリスクを遮断することで、(再生の)計画を進めていける」。記者会見で綱川智社長は強気の姿勢を示した。

 東芝は、破産法申請による債務保証(WHが借金を払えなくなった場合に肩代わりする契約)の履行などで1兆円規模の損失が発生し、2017年3月期の債務超過額が6200億円まで膨らむものの、「追加的な損失は無くなる」と説明。成長事業である半導体モリー事業を分社化して売却することで、17年度中に債務超過を解消し、財務体質を抜本的に改善できると強調する。

 

1兆円の赤字を出しておきながら、どんな計画を作るというのか。。。

債務超過の解消とは言っているものの、

それは、半導体モリー事業が東芝の想定する価格で売却できれば

という前提のもとでの話で。

東芝が想定する価格で事業が売却できる保証はどこにもありません。

取らぬ狸の皮算用とはまさにこのこと。

 

ただ、期待したほどの高値で半導体新会社が売れる保証はない。東芝は新会社の企業価値を2兆円程度と見込むが、それだけの巨額買収に踏み切れる企業は世界的にも限られる。さらに政府は、軍事利用も可能な半導体技術の流出を恐れ、中国企業などへの売却に待ったをかける意向。売却先が限定されることで期待した売却額に達しなければ、債務超過解消後も綱渡りの財務運営が続くことになる。

 

東芝はどうしても事業を売らなければ会社を継続できない状況なので、

交渉の場面では弱い立場なんですよね。

なんで、事業売却においては、

どの会社が買うにしても、

東芝の想定する価格で売却できる可能性は

著しく乏しいと思いますよ。

 

事業運営も厳しい。東芝は16年にも原発事業の損失穴埋めのため有望事業である医療機器部門をキヤノンに売却しており、半導体事業売却によって東芝の事業規模は3割も縮小し、成長のけん引役不在に陥る。

今後、伸びるであろう医療機器もなく、

収益の柱の半導体事業も手放そうとしている東芝

迷走の先にあるのは天国か、地獄か。

 

【過去記事】

lounge.hatenadiary.com

 

不労所得をつくってみよう】