不労所得をつくってみようーサラリーマンの挑戦記ー

不労所得を作るため、普通のサラリーマンが挑戦していくブログです。株式、ソーシャルレンディング、ふるさと納税など。あと、英語、法律も少々

【英語】英語の発音の勉強法は?ーリスニング苦手克服のためにー

 今回はリスニングの強化のための発音の矯正について。

と言っても何もネイティブクラスの発音をゲットしようという大層なものではない

「日本人にしてはマシじゃない」というレベルを目指す。

 

f:id:pzi0322:20170311004439j:plain

 

 

5月末のTOEICを受験するため、

絶賛、英語の勉強中である。

正直、英語の勉強はうんざりしているので、

早く目標点数の860点をゲットしたい。

 

現在、TOEICのスコアは

リスニング:約390

リーディング:約390

トータル:約780

である。

 

バランスよくスコアを取っているように思えるが、

スコアの全体分布で見てみる

リスニング:上位30%

リーディング:上位10%

となり、リスニングの偏差値がガクッと落ちる。

 

という訳で兎にも角にもリスニングをリーディング並みの偏差値に持ってくる必要がある。

目標達成にはリスニング430は必要だろう。

そのためにはどうすれば良いか色々悩むところであるが、

発音の練習を進めていこうと思う。

発音できない音は聞き取れない、という理論だ。

まだまだ勉強中だが、今までの勉強の備忘録として今回の記事を書こうと思う。

 

1 何よりも子音の発音が勝負

  • 無声音と有声音の違い(pとb、tとd、kとg等)
  • sとshの違い

  • 言わずと知れたlとrの違い

発音を勉強された方なら共感していただけると思うが、

やはり子音の発音が日本語と英語の間で根本的に違う

日本語の発音のアクセントの比重は

子音:母音=5:5

これに対して英語の発音のアクセントは

子音:母音=7:3

くらいのイメージ。

あと、思っている以上に強く発音してちょうどいい。

 

2 youtubeの活用

発音に問題意識を持ち、それを矯正するための良書は、

たくさんある。しかし、解説はあるものの、発音の際の口の動きがわからない。

かといって、英会話塾に通うほど金をかけたくない。

そのようなあなたに今回紹介したいのは、下記のユーチューブチャンネル。

www.youtube.com

 

 おすすめポイントは、

  • 日本人が苦手とする発音を丁寧にかつ論理的に解説。しかも、英語学校の講師を務められているため解説が上手
  • 似た音の単語(walkとwork、heardとhard)が重点的
  • 日本人による解説

 など。特にあいまい母音の発音なんかは参考になった。

ちなみにほかにも英語の発音を丁寧に解説される方は多数いらっしゃるが、

個人的にyoutuber特有の画像の編集の仕方がうるさく感じてしまうので、

個人的な好みとして上のユーチューブチャンネルを紹介したい。

 

3 恥を捨てよう

最終的にはこれ。

カフェとかで英語らしい発音の練習をしていると、

周りの視線が気になったりする。

ただ、こと日本にいる限り、英語らしい発音をしなければならない機会は

ほとんどないわけで。

英語らしい発音を練習するのであれば、周囲の視線・恥ずかしいという感情は

いったん捨て去る必要がある。

 

今後も発音で随時アップしていきます。

 

以上、【英語】英語の発音の勉強法は?ーリスニング苦手克服のためにーでした。

 

不労所得をつくってみよう】