読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得をつくってみようーサラリーマンの挑戦記ー

不労所得を作るため、普通のサラリーマンが挑戦していくブログです。株式、ソーシャルレンディング、ふるさと納税など。あと、英語、法律も少々

【感想】森見ファン必見!映画「夜は短し恋せよ乙女」おすすめ!

「夜は短し恋せよ乙女」についてを公開前に記事にしてきた。

公開日に映画を観に行ったので、その感想を今回は書こうと思う。

結論先にを言うと ちょーー面白かった。

 

lounge.hatenadiary.com

lounge.hatenadiary.com

 

 

1 アニメ描写の良さ

「君の名は」のようにストーリーがファンタジーでも景色や人物の描写はリアル、これが最近のアニメ映画では一般的だったように思う。

 

夜は短し歩けよ乙女」では、リアルな描写ではなく、むしろ、いわゆるアニメ描写全開で人物・景色が描かれていた。極端に言えば、日本昔話のような感じ。

 

森見さんの作品は、ノスタルジックな情景描写が多い。

 

そのため、「夜は短し歩けよ乙女」のストーリー・世界観と、アニメタッチの映像化は大変マッチしており、漫画作品・小説作品映画化あるあるの原作の世界観ぶち壊しはなかった。

 

この点は、「四畳半神話体系」を映像化した湯浅監督のなせる技と言える。

 

2 四畳半神話体系の人物の登場

羽貫さん、樋口先輩は四畳半神話体系のまんま。

また、古本市の神様は●津のちっちゃい版。

詭弁論部は健在。詭弁踊りはあんな動きだったのか。想像とかなり違った。

そのほかにも細々としたところで、四畳半神話体系を髣髴とさせるものあり、

「おぉ」という驚きが随所にありです。

 

3 ストーリー展開はちょっと早い

映画では、小説で描かれている

先斗町飲み対決編

・古本市編

・学園祭編

・お見舞い編

を全て網羅しています。おなか一杯になります。

 

これらを約90分でおさめようとしたため、よく言えばリズムよくストーリーが進み、悪く言えばストーリー展開はちょっと早いように思いました。

 

f:id:pzi0322:20170412194121j:plain

 

花澤香菜

黒髪の乙女の声とあっている。

声が可愛かった!

 

5 学園祭編が少し残念かも

これは個人的なところで。

学園祭編が小説中では好きなところでしたので、

「象の尻」などを登場させたりとか、もう少し丁寧に描いて欲しかったなぁ。

 

5 最後は心がホッとするような感じ

最後は喫茶店で二人が対峙するシーン。

黒髪の乙女は天真爛漫なままに、先輩は憧れの大学生活に希望を抱いて。

これから二人がどのように関係を発展させるのかは視聴者・読者の想像にお任せ。

この光溢れる最後のシーンは、何か心が温まる感じがしました。

 

やはり期待を裏切らない作品でしたよ。

個人的に一番驚いたのは詭弁踊りが想像と全く異なっていた点です。

 

以上、【感想】森見ファン必見「夜は短し恋せよ乙女」おすすめ!でした。

 

不労所得をつくってみよう】