読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得をつくってみようーサラリーマンの挑戦記ー

不労所得を作るため、普通のサラリーマンが挑戦していくブログです。株式、ソーシャルレンディング、ふるさと納税など。あと、英語、法律も少々

【キャリア】2017年度新卒社員の方へー 熱い三流なら上等ー

 

 

 

f:id:pzi0322:20170404002611j:plain

1 2017年度の新入社員の方へ

 

4月3日。

電車内に着慣れないスーツを着た新卒の方が大勢いました。

 大きなキャリーケースを引っ張りなら通勤している人もいました。

 今日、状況したのか?入社式を終えたらすぐに泊まり込みの研修でもあるのか?

 

さて、新卒の皆さんの新たな戦いが始まりましたね。

 緊張・不安もあると思いますが、

 人生の新しいスタートを切ったみなさん、

本当におめでとうございます。

 

新卒一括採用という手法に議論が多々あるところですが、

同じタイミングで会社に入社する仲間(いわゆる同期)は、

結構いいものですよ。

 

皆さんの就職の成否がどのような結果になったかは僕にはわかりません。

 大成功もあれば大失敗もあったでしょう。

「こんなはずではなかった」と後悔している人もいるかもしれません。

 

でもですね、成功したり、失敗したり、後悔したりといったことは、

それら丸ごと人生なのであり、全てはのちの人生の糧となります。

 

皆さんは、「天 天和通りの快男児福本伸行作)という漫画をご存知ですか?

 

最終巻。

アルツハイマー病に罹患した伝説の博徒・天才赤木しげるは、

自分の夢を諦めたヒロに対して最後の言葉として次のようなことを諭します。

 

 ただ・・やる事・・・その熱・・・行為そのものが・・・

生きるってこと・・・実ってヤツだ・・・!

分かるか・・・?

成功を目指すな・・・と言ってるんじゃない・・!

その成否に囚われ・・・思い煩い・・・

止まってしまうこと・・・熱を失ってしまうこと・・

これがまずい・・・!そっちの方が問題だ・・・!

いいじゃないか・・・

三流で・・・!

熱い三流なら上等よ・・・!

まるで構わない・・・構わない話だ・・・

だから・・・恐れるな・・・

繰り返す・・・!

失敗を恐れるなっ・・・!

 f:id:pzi0322:20170404002412j:plain

生物の根源的な特徴は、

活動すること、動くこと。

動くことの結果の内容、つまり成功や失敗にとらわれ、

動けなくなることは生物としての特徴を失うことと同義。

これはまずい。

行動した結果、それが成功・失敗に終わったとしても(他人の評価はともかく)

問題はない。

それらは全て人生の中では飾りにすぎないから。

たとえ、三流と呼ばれようとも。

生きることの熱さえ失わなければ。

天才・赤木が人生の最終局面でヒロにこのように語りかけました。

 

赤木の言葉を借りるなら、

人生で一番恐ろしいのは、活動をやめ、完全に動きがなくなった状態です。

皆さんの仕事人生で、なにも得られないまま、

失敗・後悔の経験すら蓄積できないままに老いていくことは恐るべきことです。

新卒就職を達成した皆様の中には、

今後の職業人生で大きな野望を抱いている方もいるでしょう。

そのような方は、その野望を抱いたまま、

人生を切り開いていただきたいと思います。

ただ「絶対に成功しよう」と思う必要はありません。

まずは「とりあえず動いてみる」ことから始めてください。

失敗・後悔は必ずしも悪ではありません。

「失敗したらダメだ」では動けなくなるので、

「ダメなら辞めりゃいいだけのこと、とにかくいっぱい学ぶぞ」

の気持ちでいきましょう。

 

 さて、人生の先輩の戯言として何点かアドバイスしたいと思います。

 

2 会社外・学生の仲間外のコミュニティーに属してみよう

平日は、同僚や上司、

休日は、同期とすごす。

このような時間の使い方もありですが、

社会人になって新しいコミュニティーに飛び込んで欲しいですね。

今では社会人サークルなんかをインターネットで探ればごまんと出てきます。

大学の同窓会(様々な年度の方が参加されるもの)でもいいかもしれません。

合コンでもとりあえずオッケーかも。

 

というのも、常に同じ組織の人間とばかりいると、

その組織では当たり前と考えられていることが

実は他で当たり前でなかったりすることに気づく機会がなくなってしまうからです。

それに加えて、

全く業態の異なる会社の人と会うことは

大きな刺激になりますし、

今後の自分のキャリアプランを作る一助になります。

 

例えば、NPOのお手伝いをしたりすれば、

社会問題の解決に果敢に取り組んでいらっしゃる方の

情熱を直に触れることができます。

 

これと関連しますが、実際に転職する意図はなくとも、

自分の市場価値を高めるため、

転職サイトに登録しておくのもアリです。

 

3 会社の評価基準を知ろう

転職を経験し、

企業・組織によって従業員の評価方法が異なることを学びました。

あるところではダメと言われていたことが

ほかのところではオッケーだったりするということです。

組織に入って働くということは、

常に他者の評価に晒されながら競い合っていくことになります。

しかし、評価基準はそれぞれで全く違います。

 

このような評価基準は往々にして明文化されていないんですね。

「空気を読む」能力、「忖度する」能力が必要となります。

点を取りに行くのはルールを把握してからです。

新卒初期はとにかく目立つ失敗をしないように気を配りながら、

「職場の暗黙のルール」を把握するようにしましょう。

まずは、ゲームのルールを理解しましょう。

 

ちなみに会社のいう成果主義という言葉に騙されていはいけませんよ。

話を聞いてみると全く成果主義でなかったりします。

 

4 助けられる存在となろう

 よく言われることですが、

仕事は自分一人で完結しないことが大半です。

部内には専門スキルを持った人がいたりして、

仕事上の課題の解決をその人の知見を借りることがしばしばおこります。

それは部門外でも同様です。

 

そのため、社内人脈は非常に重要となります。

そのためには自身も他部門の方から、信頼を勝ち得る必要があります。

私は法務を担当しており、

社内の方に法務サービスを提供する身です。

私の場合でいう顧客満足は、

社内の方に満足のいくサービスを提供できたかによります。

自分の法務のスキルをアップさせることにより、

信頼をえて、

逆に、私が困った際は

手を貸してもらえるようなコネクションを作っています。

 

5 仕事の依頼の仕方を覚える

社内コミュニケーションが苦手な人は、

「周囲に助けられる」ことがあまりにも苦手だからです。

注意を要する点としては、

他人に物事を頼むということも技術がいります。

そもそも、

「どのようなフォローを得られれば自分は結果が出せるのか」

を言語化することができる必要があります。

他者の反感を得ない形で要求するのというのは極めつけに難しいスキルです。

また、

依頼を受けた人は、

依頼内容を見て何をすべきかが判別できる必要があります。

これが難しい。

ちなみに私は仕事の依頼の仕方がまずくて

何度も怒られたことがあります。

これは何度もさまざまなことを経験して覚えていってください。

 

6 最後に

新入社員の方は、入社式を終えて

今どんな心境でしょうか?

もう憂鬱ですか?

それでもまったく問題ありません。

とりあえず、一歩踏み出してください。

どうしても辛くなったときは

立ち止まって考えてみたり、

休んだってかまわないですよ。

 

以上、【キャリア】2017年度新卒社員の方へー 熱い三流なら上等ーでした。

 

不労所得をつくってみよう】